サステナ 口コミ

サステナの口コミ~免疫ミルクの飲み方・飲んでみた感想

サステナ(免疫ミルク)とは?

サステナは、世界的な免疫研究機関である米スターリ研究所の50年以上の研究の結果生まれた健康食品で、日本では免疫ミルクと呼ばれています。

 

免疫ミルクには、人間のために作用するミルク抗体がたくさん含まれています。

 

普通の牛乳は、赤ちゃん牛に効果のある抗体ばかりで人間にはほとんど効果がないんです。

 

サステナには、新成分、「MPC」が配合されています。

 

MPCとは、26種類のミルク抗体と免疫システムを調整したり、ミルク生理活性物質を効率的に濃縮したものです。

 

サステナを飲むことで、どのような効果があるかというと

 

・自己免疫疾患(リウマチ・膠原病等)の改善
・関節炎の改善
・免疫力の改善(風邪・感染症など)
・がん治療などによる感染症の予防
・がん治療などによる免疫力低下・QOL(生活の質)の改善
・アレルギー・喘息・アトピーの改善
・コレステロール・高血圧症の改善

 

というようなことに効果があると言われています。

免疫力の低下している人におすすめです。

 

サステナの口コミ

サステナを飲むようになったきっかけ

私がサステナを飲むようになったきっかけは、がんの治療が終わり、免疫力を高めたいと思うようになったからです。

たまたま見ていた雑誌に載っていました。

 

がんというのは、自分のチカラで治せるものですが、免疫力が下がることで自分で治せなくなってしまうものです。

私がなってみて思ったのは、病気の告知を受ける前は、確かに免疫力がひどく落ちていたということです。

その時は、そのことに気づいていなかったのですが、傷や怪我などが治るのに長引いていたり、ひどい風邪を一年に何度もひいたりしていました。

 

治療が終わってからは、腫瘍マーカーも上がっていないので、これを維持していこうと思っていた時にサステナに出会いました。

効果などを見ていてわかったのですが、がんの治療による免疫力の低下に良いようなので、治療中に飲みたかったと思いましたが、たぶん知っていてもそんなに飲めなかったと思います。

 

抗がん剤治療で味覚がおかしくなっていたので、飲めたかどうかは自信がありません。

お友達にはあげたのですが、治療中でも美味しく飲めたと言っていました。

治療中の味覚や食欲などもまちまちなので、飲める人は飲むと安心かもしれないです。

サステナの飲み方

サステナは粉ミルクなので、それほど難しい飲み方というのはないのですが、1つだけ気をつけることがあって、それが

"50℃"

を超えない温度で飲むということです。

 

サステナ11gの場合は、50mlくらいのお水やぬるま湯をカップに入れ、その中にサステナを少しずつ入れながらかき混ぜます。

50℃以上になると免疫が壊れるので、熱いお湯などでは溶かさないように気をつけましょう。

50℃って、図るの面倒じゃない?と思われる方もいらっしゃるかもしれないですが、50度というのは、ゴクゴク飲めるような温度なんだそうです。

 

私は、真夏以外は、常温の水で溶かして飲んでいます。

いろんなものを入れてみましたが、それほど美味しいものではないので、なるべく少ない量の水で溶かし一気に飲んでます。

 

ですが、お好みにより、コーヒーや紅茶、ミルク、乳酸飲料、ジュースなど、どんなものに混ぜて飲んでも大丈夫です。

サステナ実際に頼んでみました

サステナを最初はお試しで試しました。

免疫ミルク サステナ10袋お試し

 

普通の粉ミルクっぽいとは思いましたが、やっぱり美味しくなかったり、続けられなかったら無駄になるので、一度はお試しが大事です!

 

味は、まぁ普通の粉ミルクっぽい感じで、でも、最初はちょっと飲みにくかったです。

それで、一度は購入をやめたのですが、その後、お友達が再発して入院するなど、やっぱり飲んでみようかなという気持ちになりました。

 

サステナ

11gのを、お友達の分と2箱購入。

 

サステナ

 

サステナ

開けるとこんな感じ。

このシンプルなパッケージも気に入りました。

 

サステナ

お水で溶いて飲みます。

スキムミルクの味が好きという方は、ティータイムにどうぞ。

それほどお好きじゃないという方は、なるべく少ないお水で溶いて、一気に飲みましょう(^-^

 

まずは、お試ししてみたいという方に↓

 

 

 


リペアファンデーションの口コミ